双方の違い|シーエフネッツなどの優良業者と付き合う不動産投資

シーエフネッツなどの優良業者と付き合う不動産投資

男女

双方の違い

マンション

まず、アパート経営についてお知らせします。アパート経営において一般的に用いられる方法は、建物一棟をまるまる扱うという方式です。不動産投資をこれから行なうという方にとっては非常にハードルが高いように見えるかも知れませんが、具体的には複数のプランがあり、中には扱いやすいプランも存在します。必ずしも全てのプランがはじめての方にとって実現不可能というわけではありません。アパート経営は、マンション経営に比べてターゲットの間口が広くなるので、その分見込みも立てやすいといえます。人によっては複数のアパートを同時に経営している方もいらっしゃいます。そういった方はその分多くの利益を得ています。
一方、マンション経営は基本的に一室を経営します。アパート経営が一棟の経営であるのに対してマンション経営は一部屋を賃貸することで収入を得るという方法が一般的です。この特徴から、マンション経営は手軽に行なえる不動産投資として人気を集めています。一部屋の経営が上手くいけば部屋数を増やすということも可能であり、自由度が高いといえます。
この二者で異なってくるのはその利回りです。マンション経営であれば、持ち分の一部屋が空いてしまえば収入が失われるという一方、アパート経営はそのリスクが抑えられます。しかしアパート経営は、投資が大きくなってしまうという特徴もあるためマンション経営と比べてより良い投資とは一概にいえません。
ご自身の状況と照らし合わせて最適な投資を行なうことが最も利益を得られる方法といえるのではないでしょうか。